投稿

10月, 2015の投稿を表示しています

107回 歯科医師国家試験 過去問題

107回歯科医師国家試験 過去問題

歯学部1年生~6年生、留年生、国試浪人生の
マンツーマン個別指導塾・家庭教師の東京デンタルスクール
塾長 岡田です。


東京デンタルスクール http://dentist-school.com/
メディカルスクール事務局 03-6802-5260
107回(一般問題など一部の紹介となります。改変含む)
歯科口腔保険の推進に関する法律:国民の生涯にわたる歯科疾患の予防が主目的 胚性幹細胞(ES細胞):多分化能を持ち受精卵から樹立される。 歯肉炎と歯周炎に共通する:ポケット形成 ガッターパーチャーポイントにエックス線造影性を与える重金属塩 医療事故の予防政策はハインリッヒの法則に基づく。 嚥下と強く関係する唾液作用は円滑作用。 口唇部の集簇小水泡形成:単純疱疹 ABO式血液型を決定する抗原が存在するのは赤血球。 採血時には駆血帯を外さない。 穿刺は消毒用アルコールが乾いてから行う。 焦点・被写体間距離が最も長いのは頭部X線規格撮影。 Ⅳ型過敏反応:アレルギー性接触皮膚炎 運動機能低下で咀嚼傷害を引き起こすのはAlzheimer病 クリニカルパスで作成さあれるのは診療スケジュール 特定健康診査・特定保健指導(高齢者の医療の確保に関する法律) 右対象年連は40~74歳。特定保健指導は動機づけ支援と積極的支援がある。 Eichnerの分類B2:2つの支持域に対合歯との接触がある。 AED「ショックは不要です」→胸骨圧迫を行う。 感染性一般廃棄物:抜去歯 感染性産業廃棄物:メス刃、縫合針、ラバーダムシート、ディスポーザブルシリンジ インプラント体に行う:プラズマ溶射処理 ジルコニアに行う:サンドブラスト処理 下顎第一大臼歯の近心転位:鞍上歯列弓 エナメル質齲蝕:不透明層の存在 自然免疫:NK細胞 摂食・嚥下障害で起こりやすい:脱水 上顎で成長に伴って骨吸収:鼻腔底 舌を前方に突出:オトガイ舌筋 「血縁者の顔立ちを聞く」家族歴 出生時に歯胚形成が開始:第一小臼歯 週末蝶番運動路 高齢者の介護原因で1番多いのは脳血管障害。 機能獲得に学習が必要なのは咀嚼。 象牙質歯髄複合体の老化で石灰変性

106回 歯科医師国家試験 過去問題

106回 歯科医師国家試験 過去問題(一般問題など一部の紹介となります。改変含む)


歯学部1年生~6年生、留年生、国試浪人生の
マンツーマン個別指導塾・家庭教師の東京デンタルスクールです。

東京デンタルスクール http://dentist-school.com/
メディカルスクール事務局
03-6807-1546
Waldeyer咽頭輪は、咽頭扁桃・耳管扁桃・口蓋扁桃・舌扁桃 給付申請手続きが不要:医療保険 給付申請手続きが必要:年金保険、雇用保険、介護保険、労働者災害補償保険 タンパク分解:ペプシン ヌクレアーゼ:核酸分解酵素 混合歯列期の骨性癒着:低位 ヒヤリハットの例(タービンバーからのバー落下) Smoking(喫煙)、hypertention(高血圧)、lack of exercise(運動不足) リスボン宣言:患者の権利 例:患者が担当医を選択できる。 検体検査の例:血球検査など 生体検査の例:脳波検査、心電図検査、筋電図検査、スパイロメトリなど X線のエネルギー eV 小児の医療面接:保護者の協力を得る。 小児の医療面接は開放的な場所で行わない(プライバシー) エナメル質齲蝕:小柱明瞭化 手足口病:夏~秋、コクサッキーウイルス、エンテロウイルス71 被圧変位量が小さいのは上顎結節。 上顎結節<レトロモラーパッド 歯周病の疫学的要因として明らかなのは加齢である。 浅側頭動脈は癌の動脈内への化学療法などで用いられる。 疝痛の原因は唾石症である。 テロメア:寿命に関与。TTAGGG。 真菌症の血清診断に用いられる抗原はβグルカンである。 生理学的年齢を評価できるのは手根骨の数である。 医療面接で傾聴に必要なのは相づちである。 リンガルバーを適用する際に考慮するのは前歯部から口腔底までの距離である。 アブフラクションの原因はブラキシズムである。 患者が感染症の持続性キャリアと想定して実施するのはスタンダードプレコーション。 口内法X線撮影を用いると半影が小さくなるのはロングコーンである。 呼吸停止時は直ちに胸骨圧迫を行う。