投稿

2月, 2016の投稿を表示しています

109回 歯科医師国家試験 問題・解答

109回歯科医師国家試験 問題・解答

「定期試験が難しい」 「留年しそう、留年してしまった」 「CBT対策」 「卒業試験・歯科医師国家試験対策に備えたい」
歯学部1年生から6年生の進級・CBT・歯科医師国家試験対策の マンツーマン個別指導 東京デンタルスクール。
教室はJR 「秋葉原」駅 徒歩2分 ヨドバシカメラ前の好立地。 関東全歯科大学の生徒様だけでなく、口コミで全国より ご来校を頂いております。また、家庭教師は全国対応しております。

掲載当時(2016/2/27日)解答は発表されていないため、 下記は東京デンタルスクール独自の解答予想となります。
厚生労働省の解答発表により、 下記は変更・複数回答・削除になることが予想されています。

画像問題を文章化するなど一部改編・削除 ・修正・加筆・独自の解説を行っています。

参考程度にご覧ください。
109回 歯科医師国家試験
A問題

A porcelain veneer is bonded to the ( labial) surface of anterior tooth  To solve esthetic problem. CAD/CAMのコンポジットレジンクラウンの支台歯辺縁形態 ディープシャンファー 臨床検査技師は採血が出来る。 顎骨に発生する発育性嚢胞 含歯性嚢胞 単純性骨嚢胞は発育性嚢胞ではない。 臨床検査値の基準範囲内に含まれる基準固体の割合 95% 生体内でコレステロールから合成される グルココルチコイド 上顎右側第一大臼歯の咬合面観のの模式図で下顎の左側方運動を行った 場合、中心窩に嵌合する対合歯の咬頭頂は近心舌側咬頭に移動する。 血友病A患者の観血的処置に際して投与するのは第Ⅷ因子製剤 歯面塗布に用いられる酸性 フッ素リン酸溶液 9000ppm 耳下腺神経叢をつくるのは顔面神経である。 非歯原性歯痛は筋・筋膜性歯痛、神経障害性歯痛、神経血管性歯痛、 上顎洞性歯痛、心臓性歯痛、精神疾患また

鰓弓 歯科医師国家試験対策

鰓弓 歯科医師国家試験対策


歯学部1年~6年生のための定期試験や、
CBT、歯科医師国家試験対策をマンツーマン個別指導で
行う東京デンタルスクール です。

当スクールは関東全歯科学生様よりご来校を頂き、
口コミにより全国よりご来校を頂いております。


東京デンタルスクールの無料メールマガジンで
配信している内容をご紹介です。

さっそく始めましょう!

1.鰓弓性神経はどれか。1つ選べ。(組織学)
a.第I脳神経
b.第II脳神経
c.第III脳神経
d.第IV脳神経
e.第V脳神経


解答:e
解説:組織学から、発生に関する出題です。
ここは定期試験・進級試験・国家試験で意外と狙われます。

「鰓弓性神経」とは?一言で言えば、「鰓弓より発生する神経」です。


ここで、各鰓弓より発生するものをおさらいしましょう。


第1鰓弓:三叉神経・ツチ骨・キヌタ骨、外頸動脈、三叉神経支配の筋
(咀嚼筋、顎舌骨筋、口蓋帆張筋など)
第2鰓弓:顔面神経・アブミ骨、茎状突起、アブミ骨動脈・顔面神経支配の筋
(表情筋・茎突舌骨筋など)
第3鰓弓:舌咽神経・茎突咽頭筋、内頸動脈など
第4鰓弓:迷走神経・甲状軟骨、輪状甲状筋、大動脈弓など
第6鰓弓:迷走神経(下喉頭神経・反回神経)、後輪状披裂筋

さて、ギリシャ文字で脳神経を聞かれても大丈夫ですか?

第I:嗅神経 第II:視神経 第III:動眼神経 
第IV:滑車神経 第V:三叉神経 第VI:外転神経
第VII:顔面神経 第VIII:内耳神経 第IX:舌咽神経 
第X:迷走神経 第XI:副神経 第XII:舌下神経 となります。

鰓弓とそこから発生するもの、
脳神経のギリシャ数字にも対応できる知識をここで身につけましょう!!


次いきましょう!!


2.医療法に定められているのはどれか。すべて選べ。(衛生)


a.診療所の広告規定
b.医療法人の業務範囲
c.特定機能病院の規定
d.医療機関での放射線防護
e.都道府県における医療計画の策定


解答:a、b、c、d、e

解説:衛生から医療法についての出題です。
ここは歯科医師法と並び、試験頻出分野です。しっかりと押さえましょう!


医療法のイメージは、一言で言えば「医療と病院のための法律」です。
なので、医療に関する事項・病院や診療所に関する事項は医療法に規定されます。
他に医療法に規定されるものとして、


・インフォームドコンセント(医療に関すること)
・医療安全確保措置・医…

歯科大生の定期試験対策

歯科大生の定期試験対策

定期試験・CBT・歯科医師国家試験対策無料メールマガジンの第12回目!!

「この問題がわからない…」
 そのような際には、学生どうしで気軽に投稿できる無料質問掲示板をお気軽にご利用ください。
http://www.21style.jp/bbs/dentalsc/



1.眼窩を構成する骨はどれか。すべて選べ。(解剖学)
a.頬骨
b.涙骨
c.篩骨
d.蝶形骨
e.口蓋骨
解答:a、b、c、d、e
解説:解剖学から、骨学に関する出題です。眼窩を構成する骨、全て言えますか?ここは定期試験・進級試験で意外と狙われます。
眼窩を構成する骨は以下の通りです。
・頬骨
・篩骨
・涙骨
・蝶形骨(上・下眼窩裂)
・上顎骨
・口蓋骨
・前頭骨
外科の骨折などの基本ともなる分野です。それぞれの骨の位置関係を確実に押さえましょう。

次いきましょう!!
2.生後18ヶ月ころに分化する情動はどれか。1つ選べ。(小児)
a.快
b.興奮
c.恐れ
d.嫉妬
e.得意

解答:d
解説:小児から成長発育の分野の情動について出題です。ここは皆さん大嫌いだと推測される分野です。
しかし、試験の出題者は大好きな分野なので、しっかりと押さえておきたい分野です。特に国家試験の必修で狙われます。
正しい情動の分化のしかた
新生児:興奮のみ
3ヶ月:興奮から快・不快が分化
6ヶ月:不快から恐れ、嫌忌、怒りが分化
1歳:快より得意・愛情が分化
1歳6ヶ月(=生後18ヶ月):不快より嫉妬、愛情より大人・子供へのそれぞれの愛情が分化
2歳:快より喜びが分化
5歳で情動の分化が完了(心配、恐れ、恥ずかしがり、嫌悪、不満、失望、希望が分化)
ここは運動機能の発達とともに確実に押さえられるようにしましょう!

お次!
3.放射線の生物学的効果と放射線障害で正しいのはどれか。1つ選べ。(放射線)
a.RBEは線エネルギー付与である。
b.LETとは生物学的効果比である。
c.放射線は、酸素の多い環境では効果が減弱する。
d.細胞分裂では、M期で最も放射性感受性が高い。
e.放射線被曝において、最も短期間で死亡するのは骨髄症候群である。

解答:d
解説:放射線より放射線の生物学的効果・放射線障害についての出題です。
東日本大震災以来、放射線被曝は社会的な問題となっています。
それを鑑みて、この分野は進級試験・卒業試験、国家試験などでの出題が予想されます。ここで正しく理解しましょう。

・LET:線エネルギー…

歯学部定期試験

東京デンタルスクール 岩す。


「この問題がわからない…」
 そのような際には、学生どうしで気軽に投稿できる
無料質問掲示板をお気軽にご利用ください。
http://www.21style.jp/bbs/dentalsc/

では、さっそく始めましょう!!

1.Porphyromonas ginjivalisについて正しいのはどれか。すべて選べ。(微生物学)

a.培養は大気中で行う。
b.歯肉縁上プラークに多く存在する。
c.トリプシン様酵素を産生する。
d.トキソイド化できる毒素を有する。
e.血液寒天培地上で黒色コロニーを産生する。

解答:c、e
解説:微生物学から、Porphyromonas gingivalisに関する出題です。
細菌に関する出題は、
定期試験・進級試験・国家試験でのヤマのひとつです。

Porphyrimonas gungivalisの特徴は以下の通りです。
・グラム陰性菌(=持つのは内毒素のみ)
・偏性嫌気性菌(=大気中での培養は不可能)
・トリプシン用酵素を産生し、歯周組織を破壊する
・血液寒天培地上で黒色コロニーを産生する
・Red complexの一員である(Tannerella forsythensis、Treponema denticolaとともに)
トキソイド化できる毒素とは?外毒素でしたよね。
歯周病原細菌で外毒素を持つものとしては、
Aggeregatibacter actinomycetemcomitansが挙げられます。(ロイコトキシン)
歯周病原細菌に関しては、それぞれの特徴を確実に押さえましょう。


2.2級コンポジットレジン修復と比較した
コンポジットレジンインレー修復の特徴はどれか。1つ選べ。

(保存修復)
a.クレビスの発生リスクが低い。
b.修復物の曲げ強さが大きい。
c.修復物の重合収縮は小さい。
d.1回あたりのチェアタイムが長い。
e.窩洞にアンダーカットが許容される。

解答:b
解説:保存修復からコンポジットレジン修復の直接法と間接法についての出題です。
ここはしっかりと特徴を押さえておきたい分野です。
コンポジットインレー修復は、当然の事ながら「間接法」です。
つまり、模型を制作したうえで修復物を作成するので
窩洞へのアンダーカットは絶対に許されません。
また、多方向からの光照射や熱処理が可能なため、
直接法と比較して…

歯学部の進級テスト対策

歯学部の進級テスト対策


東京デンタルスクール 岡田です。

東京デンタルスクールでは歯学部1年~6年生の定期試験、CBT、
国家試験対策のマンツーマン個別指導を行っております。


また、東京デンタルスクールでは学生掲示板を運営しております。
「この問題がわからない…」
 そのような際には、学生どうしで気軽に投稿できる
無料質問掲示板をお気軽にご利用ください。
http://www.21style.jp/bbs/dentalsc/

では、さっそく始めましょう!!

1.薬物とその作用する受容体の組合せで正しいのはどれか。1つ選べ。(薬理学)
a.シメチジン────H1受容体
b.アドレナリン───M受容体
c.ペンタゾシン───κ受容体
d.プロプラノロール──α受容体
e.ジフェンヒドラミン──H2受容体



解答:c
解説:薬理学から、受容体と薬剤の関係に関する出題です。ここは定期試験・進級試験・国家試験でのヤマのひとつです。
主な受容体と、それぞれに働く薬物は以下の通りです。
α受容体:アゴニスト→アドレナリン・ノルアドレナリン、フェニレフリン(α1)クロニジン(α2)
     アンタゴニスト→プラゾシン、ダイベナミン(α1)、ヨヒンビン(α2)
β受容体:アゴニスト→イソプロテネロール、ドブタミン(β1)、サルブタモール(β2)
アンタゴニスト→プロプラノロール、アテノロール・ブトキサミン(β2)
M(ムスカリン)受容体:アゴニスト→アセチルコリン
     アンタゴニスト→アトロピン・スコポラミン
ニコチン受容体:アゴニスト→アセチルコリン・スキサメトニウム
        アンタゴニスト→d‐ツボクラリン・ベクロニウム・ロクロニウム
μ受容体:アゴニスト→モルヒネ、フェンタニルなど
     アンタゴニスト→ナロキソン・ペンタゾシン
κ受容体:アゴニスト→ペンタゾシン
     アンタゴニスト→ナロキソン
H1受容体:アゴニスト→ヒスタミン
     アンタゴニスト→ジフェンヒドラミン
H2受容体:アゴニスト→ヒスタミン
     アンタゴニスト→シメチジン・ファモチジン
アゴニスト・アンタゴニストの定義は大丈夫ですか?それぞれ受容体を活性化させるもの、抑制するものでしたよね。
この辺は覚えるべきことが多くて大変ですが、押さえてしまえば安定した得点源となるので確実に押さえましょう。



2.左下7~4、右下4欠損、残りは残存…

解剖学 講義

解剖学 講義

東京メディカルスクールスクール 
岡田です。


今回も勉強していきましょう!

1.大腸のうち、肛門に最も近いのはどれか。1つ選べ。

a.上行結腸
b.横行結腸
c.下行結腸
d.S状結腸


解答:d
解説:解剖学より大腸の問題です。
大腸は小腸寄りから盲腸、結腸、直腸に分かれます。
さらに結腸は盲腸に近い順から上行結腸→横行結腸→
下行結腸→S状結腸となります。
大腸の働きとして、消化・吸収の終わった食べ物の残りから水分を抜き取り、
糞便の形にするということも覚えておきましょう!!


2.赤筋について正しいのはどれか。1つ選べ。
a.収縮が早い。
b.疲労しやすい。
c.心臓に多い。
d.ミトコンドリアに乏しい。


解答:c
解説:筋肉についての出題です。
筋に関しては試験で頻出です。しっかりと知識を深めましょう。


今回は働きを聞きました。
赤筋の特徴
・収縮が遅い
・ミトコンドリアが多い
・疲労しにくい=心臓などに多い
といったことがあります。
白筋は全く逆の特徴を持ちます。


3.関節の種類と該当する関節の組合せで正しいのはどれか。1つ選べ。
a.球関節────椎間関節
b.鞍関節────上橈尺関節
c.蝶番関節───指節間関節
d.楕円関節───膝関節



解答:c
解説:解剖より、関節について聞きました。
ちなみに、主な関節の種類と運動方向は以下のとおりです。
球関節:関節頭が球形をしており、関節頭は前後左右以外に回転できる。
肩関節・股関節など。
平面関節:関節頭と関節窩が平面になっており、可動性はほぼない。椎間関節。
車軸関節:関節頭が車軸、関節窩が軸受け状で、骨の軸である車軸の回転運動のみ可能。上下橈尺関節。
鞍関節:関節頭、関節窩がともに鞍のような形状で、前後左右方向への運動が可能。母指の手根中手関節。
楕円関節:関節頭が卵型をしているため、前後左右方向への運動はできるが、回転運動は不可。橈骨手根関節。
蝶番関節:関節頭と関節窩が蝶番のように組み合わさっており、一方向への運動のみ可能なもの。
腕尺関節、膝関節、指節間関節。

骨学も重要です。しっかりと押さえておきましょう。



4.「解体新書」を著した人物はどれか。1つ選べ。
a.山脇東洋
b.前野良沢
c.華岡青洲
d.手塚良庵



解答:b
解説:少し切り口を変えて、医学史の話をしましょう。
「解体新書」の著者としては杉田玄白が有名ですが、彼とともに執筆したのが今回の正解である前野良沢です。
「解体…

免疫学 定期試験対策の個別指導

東京デンタルスクール

歯学部1年~6年生の進級・CBT・
歯科医師国家試験対策の個別指導


JR 秋葉原 駅徒歩2分の好立地
ヨドバシカメラ前の教室では関東全歯科大学を
含め、全国よりご来校を頂いております。


今回は組織や免疫学のミニ講義です。
無料メールマガジンでは、週3回 オリジナル
問題を配信しております。

お気軽に購読ください。


「この問題がわからない…」
 そのような際には、学生同士
で気軽に投稿できる無料質問掲示板をお気軽にご利用ください。
http://www.21style.jp/bbs/dentalsc/

では、さっそく始めましょう!!

1.移行上皮が存在するのはどれか。1つ選べ。(組織学)
a.肺
b.気管
c.皮膚
d.小腸
e.膀胱


解答:e
解説:組織学から、上皮組織に関する出題です。
ここは定期試験でのヤマのひとつです。
上皮について、もう一度おさらいしましょう。上皮組織は以下の通りに分類されます。

1)    単層上皮…上皮細胞は1層

単層扁平上皮(平べったい):肺胞・血管内皮細胞など
(被覆・物質の受け渡しのイメージ)

単層立方上皮(サイコロ状):尿細管・汗腺導管・甲状腺
(物質のろ過、吸収など。尿細管と甲状腺を覚えよう。)

単層円柱上皮(円柱状):胃腸の上皮

2)    重層上皮…上皮細胞は複数の層に重なり合って存在
重層扁平上皮(平べったい):皮膚・口腔・食道・咽頭・角膜・膣など
(外来刺激に対しての保護のイメージ。)

重層円柱上皮(円柱状):尿道・唾液腺排泄導管

(液体の輸送のイメージ。尿道を覚えましょう。)

3)    多列上皮:基底膜上に配列する細胞は1層であるが見かけ上重層に見える

多列線毛上皮:鼻腔・気管の上皮(線毛による異物の排出)

4)    移行上皮:細胞の高さが変わるもの。
腎盂・尿管・膀胱。
膀胱は尿をためておく必要があるので、
容積の変化ができる移行上皮、というイメージを持ってください。



2.顎整形力を発揮するのはどれか。すべて選べ。(矯正)


a.ヘッドギア
b.チンキャップ
c.咬合挙上板
d.急速拡大装置
e.上顎前方牽引装置

解答:a、b、d、e
解説:矯正学から矯正装置についての出題です。
矯正装置は試験でしばしば出題されるので、確実に特徴を押さえましょう!

国試にも出ています!


顎整形力」とは?一言でいえば、「顎骨の形を変える力」です。
つまり、この問題は言い方を変える…

109回歯科医師国家試験 難易度

109回 歯科医師国家試験
~難易度~

歯学部1年~6年生の定期試験、CBT、
歯科医師国家試験対策のマンツーマン個別指導 
東京デンタルスクール 塾長 岡田です。

東京デンタルスクール
03-6807-1546
(メディカルスクール事務局 10:00~23:00・年中無休)



2016年 109回歯科医師国家試験が終わり、半月が経過しました。



今年の歯科医師国家試験の難易度は、
今までと比較にならないほど


難しい



この一言につきる国家試験となりました。


必修が必修でなかった



このような言葉がいたるところで聞こえます。


受験者の中には予備校の解答速報の


採点途中で採点を中止する者


今年は不合格と完全に諦め、日本周遊や海外旅行に出る者。


上記のような受験者が続出したといいます。



現役生は来年に向けてこの事実をしっかりと
受け入れる必要があります。




英語の問題や、必修では医学知識を問う問題も
非常に多く出題され、単純暗記ではなく、
生合成や分子レベルの理解までしっかりと行っていないと
回答することが出来ない問題も多くありました。



現在の国家試験は領域別で、一つでも苦手分野があったりすれば
合格はできない試験となっております。



臨床実地問題は「考える」問題が増え、知識を問うだけでなく、
知識があるのが前提の上で回答する問題が多く出題されています。


各大学は数年前より低学年からしっかりと勉強を
した生徒を進級させるように舵を切り、卒業試験は
難易度が高く、半数程度の卒業とする大学も増えてきました。


そこからの合格者数となると6年生の在校生に対しての
国家試験割合は19%の大学から始まり、4割、5割の
大学が多くなっています。



そのため、大半の大学では
国家試験では最低上位半分にいることが
最低条件となっています。


また、ストレートで合格をするには上位3割以内を全教科
キープすることが必要となります。


先日、新聞で歯学部の国立の倍率が非常に
高くなっており、歯学部の人気の再燃の兆しが見え始めています。


レベルの高い歯学部の入学者が戻り、国家試験が
さらなる合格者数の削減が進めばまさに歯科医師国家試験は
サバイバル状態となります。




歯科医師の資格はアメリカなどでは常になりたい職種
1位や上位を占め、プロとしての地位を確立しています。


一方で今後、難関化する歯科医師国家試験により、合格率が
低下し、歯…