口臭検査 公衆衛生学

官能検査:様々な口臭物質に対応できる、被験者は直前に喫煙、コーヒーなどのにおいもあるものの摂取は禁止
口臭の原因の硫黄を含むアミノ酸:システイン、メチオニン
硫化水素(生理的)、メチルメルカプタン(歯周疾患)、ジメチルサルファイド
口臭の炭水化物 分解物:エタノール、メタノール、アセトン(糖尿病)
タンパク:アンモニア、インドール、スカトール
その他:プロピオン酸、酢酸

コメント

このブログの人気の投稿

クラウンブリッジ 定期試験・CBT・歯科医師国家試験対策のまとめ

フッ化物濃度の計算

保存修復学 定期テスト・CBT・国家試験対策