2018年8月5日日曜日

インフルエンザウイルス


インフルエンザウイルス
→RNAウイルス、エンベロープをもつ
ノイラミニダーゼにより細胞のシアル酸を分解し細胞に侵入・増殖
治療:オセルタミビル、ザナミビル、アマンタジン
ヘマグルチニン(赤血球凝集素)はインフルエンザウイルスの標的細胞への結合に関与

0 件のコメント:

コメントを投稿