2018年9月6日木曜日

高齢者の生理学的変化

高齢者の生理的変化>  
・脈圧、末梢血管抵抗:増加(=血圧の上昇)
・身体機能、基礎代謝:低下
・筋力や骨量:低下
・血清アルブミン:低下
・機能的残気量:増加
根尖孔の狭窄
オンコサイトが出現
体脂肪の増加、疼痛・聴覚閾値の上昇(=鈍くなる)
顎関節は平坦化することで顎の可動域は大きくなる(義歯の製作が難しい理由)
下顎角の鈍角化
・顔貌では鼻唇溝が深くなり、人中、赤唇は不明瞭となる
・歯では歯根膜が薄くなり、逆にセメント質は肥厚する
・加齢変化により咬頭展開角は増加する(=咬頭傾斜角は減少する)
・喪失歯の増加により頬部の陥凹がみられる
・反射唾液は老化の影響を受けにくい
細胞内液量の減少(外液量は変化しない)

0 件のコメント:

コメントを投稿