2018年11月18日日曜日

法医学 中毒


<法医学における中毒
一酸化炭素中毒:酸素に比べて約200倍ヘモグロビンとの結合力
アルコール中毒:急性アルコール中毒、呼吸抑制
硫化水素中毒:温泉、下水道等 腐敗臭。紫斑(緑褐色)
(空気より重い:温泉の源泉地等で座ってお弁当を食べて中毒 等)
青酸(シアン化水素) アーモンド臭 ミトコンドリア(内窒息)解毒:チオ硫酸Na
ヒ素中毒:脱毛等 -SHに結合。飲料水汚染。
有機リン酸中毒、サリン(コリンエステラーゼ阻害)けいれん、発汗、縮瞳、唾液増加
パラコート:肺障害
トリカブト毒、ふぐ毒(テロロドトキシン)
覚せい剤(アンフェタミン、メタンフェタミン)
中毒には様々なものがあるがジメルカプロールが重要
アーモンド臭:青酸化合物
ニンニク臭:ヒ素・リン中毒   な

0 件のコメント:

コメントを投稿