2018年5月23日水曜日

補綴 義歯 用語

歯科学生に贈る
東京デンタルスクール
Dr.岡田の本日の歯学講義

<口腔内の名称と義歯>
アーライン:イメージは軟口蓋付近、
アーと発音させた際に動く部分の境界

後堤法(ポストダム):辺縁封鎖による義歯安定、
レジンの重合収縮の補償(レジン床)
付与の方法:個人トレー後縁の延長・印象時の後縁の加圧
・作業用模型の削りこみ

ハミュラーノッチ:翼突上顎切痕、HIP平面や義歯後縁の参考

頬棚(バッカルシェルフ):下顎にある、義歯の圧負担域となる

レトロモラーパッド:下顎に存在する人工歯排列の
目印(仮想咬合平面は1/2の高さ)
義歯床後縁の基準でもある(1/2以上覆う)

進級、CBT、歯科医師国家試験対策
東京デンタルスクール 03-6802-5260

0 件のコメント:

コメントを投稿