2018年6月10日日曜日

公衆衛生 上水道、下水道 歯科医師国家試験


<上水道・下水道>
上水道の普及率は90%以上、下水道は80%を下回る
上水道の急速濾過では硫酸アルミニウム(ばん土)などを使用する
膜ろ過法の導入が検討・進められている。原虫やトリハロメタンの問題の解決
下水の好気的処理法:活性汚泥法、曝気法 嫌気性:腐敗法
指標)  DO(溶解酸素:水のきれいさ)=値が高いほど水がきれい
    BOD,COD,SS=値が高いほど水が汚染されている
    水道水で検出されてはならないもの:大腸菌群

進級、CBT、歯科医師国家試験対策 東京デンタルスクール 03-6802-5260

0 件のコメント:

コメントを投稿