公衆衛生 歯科医師国家試験 保存期間


<各種書類の保管>
診療録:5年(根拠法:歯科医師法)
一定の様式の診療録:5年、保険医療機関のエックス線写真:3年(根拠法:健康保険法)
診療録の保存)・電子媒体で保存可能(復元可能であれば紙媒体での保存は不要)
・医療機関外で保存可能
処方箋:3年(調剤済み処方箋、根拠法:薬剤師法)
    2年(病院記録としての処方箋、根拠法:医療法)
歯科技工指示書:2年(根拠法:歯科技工士法)
歯科衛生士業務記録:3年(根拠法:歯科衛生士法)
病院の記録(処方箋・エックス線写真・看護記録など):2年(根拠法:医療法)
保険医療機関や保険医の登録:厚生労働大臣が行う(根拠法:健康保険法)
医療情報電子化の目的
管理スペース削減、支払明細書発行の迅速化、診療報酬請求書作成の簡便化など

コメント

このブログの人気の投稿

フッ化物濃度の計算

クラウンブリッジ 定期試験・CBT・歯科医師国家試験対策のまとめ

保存修復学 定期テスト・CBT・国家試験対策