副鼻腔 解剖学

<副鼻腔
最上鼻洞(蝶形陥凹)は蝶形骨洞、上鼻洞は篩骨(後
中鼻道は上顎洞、篩骨(前)、前頭洞、下鼻道は鼻涙管、半月裂孔下方に下鼻甲介が付着
上顎洞は副鼻腔の中で最も大きく、小児よりも大人の方が大きい
粘膜表層は多列線毛上皮である(しばしば扁平上皮化生を起こす)

コメント

このブログの人気の投稿

クラウンブリッジ 定期試験・CBT・歯科医師国家試験対策のまとめ

フッ化物濃度の計算

基幹統計、一般統計 歯科医師国家試験 歯学生向けの内容