2018年7月31日火曜日

抗炎症薬 歯科医師国家試験 家庭教師 東京デンタルスクール

<抗炎症薬>
非ステロイド性抗炎症薬
酸性非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs):シクロオキシゲナーゼ(COX)を阻害
酸性非ステロイド性:アスピリン、インドメタシン、ジクロフェナク、イブプロフェン
          ロキソプロフェンナトリウム、メフェナム酸など
・アスピリン:シクロオキシゲナーゼを不可逆的にアセチル化、抗血小板作用がある
・ロキソプロフェンナトリウム:プロドラッグ、副作用で小腸・大腸の狭窄が認められる
塩基性非ステロイド性:チアラミド、エピリゾール
ステロイド性抗炎症薬:リポキシゲナーゼを阻害
デキサメタゾン、プレドニゾロン、トリアムシノロン
適応症:関節リウマチ、気管支喘息、ネフローゼ症候群、SLEなど
副作用:肥満、満月様顔貌(ムーンフェイス)、多毛、
    骨粗鬆症、高血圧、高血糖、抑鬱、消化性潰瘍、易感染など
妊婦・小児に使用できる:アセトアミノフェン

0 件のコメント:

コメントを投稿