2018年8月2日木曜日

抗腫瘍薬

<抗腫瘍薬>
癌の化学療法の術前の口腔管理の目的:感染源除去、口内炎の抑制
・代謝拮抗薬
メトトレキサート(葉酸拮抗)骨肉腫の治療に際し大量に投与する
5FU(ピリミジン代謝拮抗、プロドラッグはテガフール):副作用は口内炎
6-MP:副作用は骨髄抑制
・アルキル化薬 シクロホスファミド副作用は出血性膀胱炎
・抗がん性抗生物質(ブレオマイシン、マイトマイシンC、アクチノマイシンD)
ブレオマイシンの副作用:肺線維症
・白金製剤 シスプラチン、カルボプラチン:副作用は腎障害
植物アルカロイド 微小管合成阻害薬・トポイソメラーゼ阻害薬
微小管合成阻害薬パクリタキセル、ドセタキセル、ビンクリスチン
トポイソメラーゼ阻害:エトポシド、イリノテカン
・分子標的:イマニチブ、トラスツズマブ
・悪性黒色腫に対してはダガルバジン、悪性リンパ腫に対してはリツキシマブを用いる

0 件のコメント:

コメントを投稿