移植片対宿主病


<移植片対宿主病(GVHD)
同じ血液型の輸血でも起こる、ドナーのTリンパ球が原因となる
急性GVHD肝障害や紅斑、下痢、造血障害などがみられる
慢性GVHD:扁平苔鮮様病変、口腔乾燥症がみられる
治療は免疫抑制剤を用いる

コメント

このブログの人気の投稿

クラウンブリッジ 定期試験・CBT・歯科医師国家試験対策のまとめ

フッ化物濃度の計算

保存修復学 定期テスト・CBT・国家試験対策