デジタルエックス線

<デジタルエックス撮影装置
DICOM(患者個人情報データを含む医用画像情報規格)
PACS(医用画像の保存・解析)
デジタルエックス線は従来の現像型よりも被曝が少ない(画像処理が可能なため)
CCD方式:コードがある、IPより短時間で表示、空間分解能が高い、異物感強い
IP(イメージングプレート方式:画像形成にレーザー光を利用、光により減弱する
              厚みはフィルムと同等
画素(ピクセル)デジタルエックス線写真の解像度に影響する

コメント

このブログの人気の投稿

フッ化物濃度の計算

クラウンブリッジ 定期試験・CBT・歯科医師国家試験対策のまとめ

保存修復学 定期テスト・CBT・国家試験対策