退行性病変

<退行性病変(変性、萎縮、壊死)・進行性病変(肥大、過形成)>
変性:代謝障害などにより、生理的に存在しない物質、存在している物質でも異常な量、部位に出現すること
萎縮:細胞や組織の容積が減少すること
壊死:局所における病的な細胞の死
肥大:細胞の数はそのままに、容積が増大したもの
過形成:細胞の容積はそのままに、数が増大したもの

コメント

このブログの人気の投稿

フッ化物濃度の計算

クラウンブリッジ 定期試験・CBT・歯科医師国家試験対策のまとめ

保存修復学 定期テスト・CBT・国家試験対策