2018年11月9日金曜日

法医学 早期死体現象 晩期死体現象

<死体現象(早期・晩期・特殊)下記はあくまで一部>
死後経過時間:下記の他、直腸温測定なども用いられている
早期死体現象
体温低下
角膜の混濁:開眼の場合には:24時間程度で瞳孔が不透
死斑:死斑は最初移動する。15時間以降は退色しない、死の確徴
    一酸化炭素中毒はピンク色の死斑
死後硬直:12時間程度で最高潮に達し、死後2日ごろには解ける、死の確徴
晩期死体現象白骨化、自家融解、腐敗
特殊死体現象死蝋化、ミイラ化
個人識別における年齢推定:歯の咬耗、歯根象牙質露出
ャスパーの法則腐敗の進行は空気中が早い(空気:水:土=1:2:8)
生活反応:皮下出血など

0 件のコメント:

コメントを投稿