ヘモグロビン酸素解離曲線


<ヘモグロビン酸素解離曲線>
右方移動する=酸素を供給したいとき
・体温の上昇
二酸化炭素分圧の上昇
pHの低下(=水素イオン濃度の上昇)
・2.3DPGの上昇 

左方移動は上記の逆の事象+一酸化炭素中毒

(Hbとの結合性が酸素よりはるかに高く、
酸素を供給しづらくなるため)

コメント

このブログの人気の投稿

クラウンブリッジ 定期試験・CBT・歯科医師国家試験対策のまとめ

フッ化物濃度の計算

基幹統計、一般統計 歯科医師国家試験 歯学生向けの内容