2018年7月19日木曜日

ビタミン

<栄養素と不足した場合の疾患>
ビタミンA (レチノール)夜盲症、エナメル質形成不全、ロドプシンを合成する
ビタミンB1(チアミン脚気、Wernicke脳症、Korsakoff症候群
(ビタミンB1不足の脚気の研究:高木兼寛、単離に成功したのは鈴木梅太郎)
ビタミンB2 (リボフラビン)口内炎・口角炎
ビタミンB6 (ピリドキシン)神経障害
ビタミンB12 (シアノコバラミン)悪性貧血、野菜に含まれていない
ビタミンC (アスコルビン酸)壊血病、Moller-Barlow病、ビタミンCは鉄(Fe)吸収促進
ビタミンD (カルシフェロール)骨軟化症、くる病(象牙質に裂隙) 
ビタミンE (トコフェノール)貧血など(Eは抗酸化作用) 
ビタミンK (フィロキノン)出血、新生児メレナ
葉酸悪性貧血
ナイアシン(ニコチン酸)ペラグラ(痴呆・皮膚炎・下痢)
パントテン酸口内炎・皮フ炎

0 件のコメント:

コメントを投稿