熱型 外科


<熱型>
弛張熱→化膿性炎など、体温の日差1℃以上で体温が常に37℃以上のもの
稽留熱→チフス・肺炎・リケッチアなど、体温の日差1℃以下で高熱のもの
間歇熱→マラリア、体温の日差1℃以上、平熱まで下がることもあり
二峰熱→麻疹、体温が一度初期に下がり、再び上昇するもの
波状熱→ホジキン病、高熱(37℃以上)と平熱を繰り返すもの

コメント

このブログの人気の投稿

フッ化物濃度の計算

クラウンブリッジ 定期試験・CBT・歯科医師国家試験対策のまとめ

保存修復学 定期テスト・CBT・国家試験対策