腎機能検査 BUN、クレアチニン 歯科国試対策


腎機能検査
クレアチニン、BUN(UN)

歯学部受験から歯学部1年~6年生、国試浪人生
進級、CBT、歯科医師国家試験対策のマンツーマンによる
個別指導 東京デンタルスクール 代表の岡田です。

全国より学生様にご来校頂き
ブログも34万アクセスを突破致しました!

今回はクレアチニンとBUNを紹介していきましょう!

腎臓の検査といえば有名な用語が
Cr(クレアチニン)が有名です。

クレアチンの代謝産物であるクレアチニン(Cr)は
GFR(糸球体濾過量)と密接な関係があります。

腎不全などの腎機能障害によってCrは上昇します。
基準値は1mg/dl前後で男性が少し基準値が高くなります。

また、腎機能の評価としてはBUN(血中尿素窒素)
は有名で基準値の数値はテスト頻出です!

BUN 基準値 8-20mg/dl

BUNは血中の尿素に含まれる窒素を表していますが、
食事などタンパク摂取量や水分量などの影響
受けるため、基準値内でも必ずしも腎機能が
正常とはいえず、様々な検査や臨床状態を考慮します。

今回は腎機能検査の基準値を一部紹介していきました。

東京デンタルスクールは北海道から九州まで
全国の歯科大学様よりご来校を頂き、
歯学部受験から定期試験、CBT、歯科医師国家試験まで
一貫教育が可能なスクールとして運営しております。

歯学教育に情熱をもって将来の歯科界に
教育を通じて取り組んで参りたいと存じます!

東京デンタルスクール
https://dentist-school.com/

コメント

このブログの人気の投稿

クラウンブリッジ 定期試験・CBT・歯科医師国家試験対策のまとめ

フッ化物濃度の計算

基幹統計、一般統計 歯科医師国家試験 歯学生向けの内容