113回 医師国家試験 2019年(平成31年)


113回医師国家試験
2019年(平成31年)の出題内容のうち
一部医師国家試験以外でも重要な内容をピックアップ。

進級、CBT、国家試験対策のマンツーマン個別指導
東京メディカルスクール
https://tokyo-medicalschool.com/

113回医師国家試験

筋ジストロフィー 嚥下障害
EGFRチロシンキナーゼ阻害薬 ゲフィチニブの副作用 皮膚障害

Marfan症候群は精神発達遅滞をきたさない
シリンジを用いた静脈採血→皮膚面に15-30度の角度で穿刺する。

関節リウマチの関節外病変 間質性肺炎
ユニバーサルヘルスカバレッジ(UHC)について中心的に取り組む国際機関 WHO

ボツリヌス食中毒の予防 120℃で4分間加熱する。
中咽頭癌に対する放射線治療の有害事象で最も早期に出現するのは粘膜炎

成人で喘息の憎悪をきたす可能性が高い薬剤 β遮断薬
患者調査は患者本人が回答するのではなく、調査票を医療施設の管理者が記入する。
ノロウイルス感染症は食前加熱が有効である。



コメント

このブログの人気の投稿

クラウンブリッジ 定期試験・CBT・歯科医師国家試験対策のまとめ

フッ化物濃度の計算

保存修復学 定期テスト・CBT・国家試験対策